子供の歯磨き「やりたくない」を「やりたい」に。

子供用フロスや糸ようじの使用効果と適切な開始時期はいつから?

まなごん
フロスは使ったほうがいいと言われても、子供用フロスはいつから始めたら効果的なんでしょうね。さておき歯磨きは優先事項高いんですけどね。今回はいつからフロスを使ったらいいのか聞いてみました!

虫歯予防をより効果的にする上で欠かせないのが、フロスや糸ようじ、歯間ブラシといった、いわば“歯ブラシ以外のデンタルケア用品”(補助用具)です。

今では子供用の商品も増えており、積極的に使用するお母さんも少なくありません。しかし中には、使用頻度が分からなかったり、何となくの感覚でお子様に使っているという方も多いようですね。 そこで今回は、子供用の補助用具として代表的なフロスの効果と、開始時期についてまとめました。

是非参考にして頂ければ幸いです。

隣接面の虫歯予防に欠かせないフロス

隣接面とは、専門用語で歯と歯の間のことを指します。 虫歯になりやすい部位の一つで、大人だけでなく子供であっても隣接面の虫歯は多数見られます。歯と歯の間で発生するため、同時に二本の歯(接触する横の面)に害を及ぼすケースがほとんどです。

隣接面は歯ブラシの毛先が届きにくい

どんなに歯磨きを丁寧に行ったとしても、歯ブラシのみでの清掃効果は約50~60%といわれています。特に隣接面の歯と歯がピッタリと接触している部分は、歯ブラシの毛先一本分の幅よりも狭いため、清掃することができません。 ピッタリと接触している部分を清掃する役割をもつのが、フロス(糸ようじ)です。

フロスを使用することで清掃効果が2割増加

実は、虫歯のうち約9割が隣接面の虫歯といわれています。歯ブラシのみでの清掃率が全体の5~6割なのに対し、フロスはたったの2割ですが、その不足によって今も多くのお子様が虫歯に悩まされているのが現状です。清掃効果を不足ではなく増加させる取り組みが必要不可欠といえるでしょう。

虫歯は4~6歳にかけて急増する

虫歯の発生率は年齢と共に変動します。特に4~6歳は、食欲が一気に上昇するのに対し、動きが活発で歯磨き時にしっかりと時間をかけられないというお悩みが増える時期でもあります。 4歳未満であっても、2歳児では34%、3歳児になると66%以上と全体的にみた乳歯の虫歯の発生率はけして低くはありません。予防するためには、それより前の1歳児の段階からの適切な歯ブラシやフロス等の使用が望まれます。

フロスは何歳から始めるべきか

先程“1歳児の段階から”と申し上げましたが、一本でも歯が生えたらフロスや糸ようじは始めるべきです。一本だけでは隣接面は存在しませんが、大切なのは早い段階から刺激に慣れさせることであり、習慣づけることでお子様もその必要性を認知しやすくなります。一日一回を目安に使用して下さい。

早い段階からの取り組みは、歯磨きを嫌がらない子に育てる秘訣

幼い頃から習慣づける取り組みは、本人に“それをするのが当たり前”という感覚をもたらします。この感覚が活かされるのが虫歯が急増する4~6歳頃です。自分磨きのみで終える子も増える時期なので、いかに本人のお手入れレベルが高いかが重要となります。 また、習慣づけることは2~3歳に起こるイヤイヤ期の虫歯対策においても、非常に効果的です。

歯がゼロでもできるトレーニング

新生児の頃からできるお口の中のトレーニングとして効果的なのが、お母さんの指に水を湿らせた清潔なガーゼを巻き付け、それで歯の生えてくる歯肉をなぞるという方法です。主に歯ブラシの刺激を嫌がらないようにという目的で行われますが、お口の中に物を入れるという意味ではフロスも同じです。奥に入れすぎないよう注意しながら、優しくなぞってあげましょう。

まとめ

いかがでしょうか。隣接面の虫歯は、歯ブラシだけでは防げない厄介なものですが、フロスを使用することで発生率を大幅に減らすことが出来ます。できるだけ早くお口の刺激に慣れさせてあげることが将来の虫歯予防に繋がりますので、まだ歯が生えていないお子様がいらっしゃる方も、是非今回お伝えしたトレーニング法を実践して頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください