子供の歯磨き「やりたくない」を「やりたい」に。

6歳臼歯にシーラントは必要?処置前に知りたいデメリット

シーラントは歯を殺菌消毒した後にプラスチックを混ぜたセメント状のペーストを詰める治療法ですです。

シーラントを歯に塗って固めことによって虫歯の酸を寄せ付けないので虫歯予防になります。

歯がもろい6歳の子供にとっては便利な予防法でもありますが、ただシーラントはデメリットもあることを忘れてはいけないです。

素材によっては取れやすく2次虫歯の可能性がある

シーラントを取り付けは虫歯が張り付くリスクを減らすことで虫歯予防になることですが、ただし完全に虫歯を防げるというものではないです。

それはペースト状で6歳臼歯を覆っても、6歳の子供では色々なものを口に含んだり歯ぎしりするなど無意識に歯の負担になることを行ってしまいます。

それではプラスチックだけのものでは取れやすくなります。さらに取れた後の歯は無数の隙間が生まれて無防備なので、その部分に虫歯菌が入り込めばはめ込んだ後に虫歯になる2次虫歯のリスクを高めてしまいます。

シーラントの中で虫歯が発生!発見が遅れるケースも

シーラント治療で注意しなければならないことは、シーラントの中で虫歯が発生する事例もあることです。

虫歯は穴が開くという認識が大半ですが、実は虫歯の中には表面はしっかりしているのに中身だけが侵食するタイプも存在します。

この侵食するタイプは乳歯段階の6歳臼歯でなりやすい虫歯であり、この虫歯を見逃してシーラントを行えば見た目はきれいでも中身がボロボロになってしまいます。

さらにシーラントで覆って見た目がきれいなので、その虫歯が歯神経に到達し子供が痛いというシグナルを出すまでわからず発見が遅れるケースもあるのです。

シーラント後でも不十分なケアでは虫歯になることも

内部侵食型の虫歯ではなく健康な状態でシーラントをすれば問題ないと思う人も多いですが、その考えは甘いです。シーラントはあくまで発症リスクを減らすというだけで、完全に虫歯にならないようにするものではないです。

健康な状態でシーラントをしたとしても、その後歯磨きが雑だったり歯ぎしりや甘いものを食べすぎるなど歯にとって良くない行動を繰り返すと危険です。

シーラントは歯のくぼみを消すだけのものなので、そのほかの部分まで覆うものではないです。

そのため6歳臼歯の段階で、無茶な生活をすれば丈夫な歯が虫歯にやられてしまい治療が無駄になることも考えられます。

シーラントに関わらず6歳臼歯には十分なケアが必要

6歳の歯はまだ乳歯であり、乳歯は後で抜けることを想定しているのでとてももろく作られています。

そのため虫歯になりやすく、シーラントをしたとしても完全に虫歯を防げるというものではないです。

一度乳歯の段階で神経を取り除き抜歯するレベルの虫歯に進行すると、その後生えてくる永久歯に重い障害を残すことにもなります。

そのためシーラントをするしていないに限らず、この時期は必ず歯ブラシだけでなく歯間ブラシや液体歯磨きを用いて徹底的に虫歯にならないようにケアすることが大事です。

子供の歯磨きを丁寧に行うには、発泡剤が含まれない「ブリアン」という歯磨き粉も非常に使い勝手がいいです。

丁寧に磨く点に重点も置いてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください